FANDOM


The Trials of Mount Farnor
ザ・トライアルズ・オブ・マウント・ファーナー
Have an image?
Then please upload it!
Appears On Under the Grey Banner
Track 9
10 (Bonus Track)
Length 5:26
Written By Olof Mörck & Elias Holmlid (Music)
Olof Mörck (Lyrics)
Preceded By Dûrnir's Forge
Followed By Throne of Bones

The Trials of Mount Farnor is the ninth track of Under the Grey Banner. It is the tenth track in the Japanese release.

LyricsEdit

Under the Grey BannerEdit

Normal LyricsEdit

["The men of Brisingard rarely display a single sign of their noble ancestry; their village was once the mighty capital of men, before the first orc raids began. With the east growing increasingly perilous, the most wealthy and privileged sought a new home among the elven ruins of the west, and the poor were left behind to face the creatures of the northern Darklands with whatever means they could.

Their king, now no more than a chieftain, still proudly sits upon the golden throne in full imperial regalia, ruling no more than a few hundred and seems more jester than King. Only one important task was left to his line by Ethil I, first king of Westmar; to safeguard the Century Horn of Mount Farnor, built in ancient times to gather all peoples of Dragonland once blewn into. And such is the only hope of the Islander and his dwarven companion, but the vain King of the East is no longer the horn's sole guardian - a foul beast, unseen by any man now lurks on the mountain top, according to local lore; a fabled savage Frost Giant"]

Deepest into the east

Where vast ridges meet the Ivory shores

Winds of the Zephyr chill the blood in frostbitten hearts


Treacherous! Furious!

Surely the mountain will bring us to fall


Lord of the winds

Let our passage be swift

Ruler of mist in this age-old ruin

King of the East

Let the trials begin

Grant me the secret for I seek the Century

Horn of Mount Farnor


As a blizzard draws near

upon the highest mountain we stand

thundering footsteps strike a fear into our hearts


Vicious thrall!

Answer our call!

Hear us, come forth and unveil who you are!


Lord of the storm

To this quest I am sworn

Ruler of mist on this age-old mountain

King of your kin

Let your trials begin!

Speak me your riddles for I seek the Century Horn


First; the answer is clear

But dawn breaks before the second word's voiced

One final riddle strikes despair into our hearts


Queen of leaves!

Returned to me!

Surely, your words bring the giant to fall!


Lord of the bones

So assured of your throne

Ruler of men among thousand towers

King of your kin

Now your war will begin!

Thousands are gathering as I sound the

Century Horn!


Devious!

Glorious!

Brother, I will find you wherever you are!

Japanese LyricsEdit

「ブリシンガルドの人々たちは決してその貴族の家柄を明かさなかった。彼らの村はその昔、海の怪物たちによる侵略が起こる前に人間界の首都として栄えた場所だった。東側に危険が広がりはじめていたことから裕福な人々は西側にある妖精たちの廃墟へと移り住み、貧しい者たちは残され北部のダークランドからやって来る生き物たちと相対する結果となってしまった。

ただの首長となってしまった彼らの王は今も王としてその地位の象徴を見せながら昔金の王座に座り続けるものの、続けるものの、わずか数百人を統治するその姿は王と言うよりは道化師に過ぎなかった。しかし、そんな王にもウェストマール初代王のエシル1世から継承され続けていた大切な任務がひとつだけ残っていた。それはファーナー山にあるセンチュリー・ホルンを守ることだった。センチュリー・ホルンは大昔に作られたホルンで、一度吹けばドラゴンランドの民が皆一同に集まるというもの。このホルンは島人と仲間の妖精にとって唯一の希望となるものだった。しかし、このホルンを守ろうとしていたのは東の王だけではなかった。人間にはその姿を見ることができない卑劣な獣が山の上で待ち伏せているという言い伝えがあった。野蛮な伝説の氷の巨人が…。」


東の奥深く

広大な海嶺がアイボリー海岸と交わる場所で

凍傷になった心に流れる血を凍えさせるそよ風


裏切り!逆上!

山は必ず我々に敗北をもたらす


風の主よ

裏早くここを通くしてくれ

この古い廃墟に住む霧の支配者

東の王

審判を始めよ

秘密を明かしたまえ

俺はファーな山のセンチュリー・ホルンを探しに来た


吹雪が近づく中で

最も高い山に我々は立つ

雷のような足音が心の恐怖を煽る


卑劣なる奴隷よ!

東の王

審判を始めよ

秘密を明かしたまえ

俺はファーな山のセンチュリー・ホルンを探しに来た


吹雪が近づく中で

最も高い山に我々は立つ

雷のような足音が心の恐怖を煽る


卑劣なる奴隷よ!

答えたまえ!

この言葉を聞け、前に出てその正体を明かせ!


風の主よ

この冒険に全てを誓う

この古い山に進む霧の支配者

一族の王

審判を始めよ!

謎を明かしたまえ

俺はファーな山のセンチュリー・ホルンを探しに来た


最初の答えは明確だった

しかし、二言目が発せられる前に夜が明けてしまった

最後のひとつの謎が我々の心に絶望を与える


木の葉の女王よ!

ここへ戻って来てくれ!

あなたの言葉は必す巨人を倒してくれる!


骸骨の主

その王座に確信を持つ

千の塔で人々を支配する

一族の王

今こそ戦いは始まる!

センチュリー・ホルンを鳴らし

何千もの人々がここに集う


不正こ満ちている!

栄光こ満ちている!

兄弟よ、どこにいようと必す見つけ出す!

CastEdit