FANDOM


Under the Grey Banner
アンダー・ザ・グレイ・バナー
Have an image?
Then please upload it!
Appears On Under the Grey Banner
Track 11
12 (Bonus Track)
Length 8:04
Written By Olof Mörck & Elias Holmlid (Music)
Olof Mörck (Lyrics)
Preceded By Throne of Bones
Followed By Ivory Shores

Under the Grey Banner is the eleventh track of Under the Grey Banner, it is also the album's title track. It is the twelfth track in the Japanese release.

LyricsEdit

Under the Grey BannerEdit

Normal LyricsEdit

["A hundred years had passed. Man would face man, and with the vast armies of the mad King, the dwarves and elves faced certain destruction. Even though weighed down by the tremendous task at hand, the leaders of the free peoples inspired hope and courage among their ranks. Ilmarion spoke proudly of honour and sacrifice to mounted knights, Duviel the Elven Queen gathered the elven archers to her in great lines and Grimmdane Skullcleaver, the foremost warrior and general of the dwarven race commanded more than twenty perfectly squared cohorts of armoured dwarves. Their banners waved proudly in the air, though the Islander could easily count five times that number in grey banners. And so this day their doom would come."]

Facing the northwinds

On high ground we stand

In the air a thousand banners

Flying the honour

Of peoples joined in bitter strife


Darkened green for the wood-elves

Crimson red for dwarven lords

Deep azure blue for men with the hearts to defy


Brass horns are sounding

we drink our last Ale

filled with cold determination

praising the ancients

as dark lines spill out on the plains


See the view stretched before me

It's familiar somehow

Why am I here?

Why was I sent to this trial?


["The mounted knights of free men long fought on the flanks of the King's army, greatly decimating the dark one's numbers. The dwarven bersekers charged towards the forest of grey banners, as they had once stormed the orcish hordes, while covered by millions of elven arrows. After one full day of battle, both armies were brought down to a quarter of their initial strength, and as the army of twisted men were nearly routed came the final and ultimate sign of the King's treachery. On the horizon there was now a sight not seen by men for a hundred years; a great dark and twisted army of orcs, goblins and netherkind, brought there by an unholy covenant with he who was once their destroyer. Led by the terrible warsong of Gargoth the Orcish Lord, the black lines engulfed both armies with intent of utter annihilation."

"Fueled by cries and scent of slaughter, fall before the orcish march! Gargoth

Now our armies will rend flesh from bone. Gargoth

Throne of bones, its lord has spoken, foul beasts take all that remain. Gargoth

Now my children we shall drink their blood!" Gargoth


"With all hope nearly gone and facing complete destruction, the Islander were forced to seek out and challenge his brother, the fallen King of the West and menace of Westmar. into single combat"]


You think you can stand before me? King of Westmar

You are mistaken!

No! I'm filled with the wrath of a god, Ilmarion

ignited by a righteous flame! Ilmarion


See how you're burning with zeal, King of Westmar

and yet so unknowing! King of Westmar

Die! I make you pay for your crimes, Ilmarion

red, the grey banner dyed! Ilmarion


With steel I will redeem King of Westmar Jake E

For I know what I've seen in my dreams King of Westmar Jake E

One brother has to find his demise King of Westmar Jake E


Fool! Can't you see King of Westmar

that you were sent to perish before me? King of Westmar


See the blackness for my eyes Ilmarion

How can this be, Ilmarion

Were the scriptures all lies? Ilmarion

Oh bewildered horizon... Ilmarion


What? What is this? Who is this girl, who dares to strike me? King of Westmar

Take my life for another Sariel

Now fall! As he has recovered... Sariel


"Shored cruel skies, dawn at midnight Duviel

One inch of silver would divide us Duviel

Rise, Ilmarion, and honor your sacrifice! Duviel

Claim the power of the iluminus gods Duviel

granted as your right!" Duviel


So we are free

Wake from a dream

Glorious deed

But she's lost unto me

See, all will rise

From lands to the sea

But forever she'll live on in my memory

Japanese LyricsEdit

「100年の歳月が過ぎた。人間は人間と相対し、そして狂気の王に命令された大きな軍隊により少人と妖精たちは破滅に直面していた。大きな課題に押し潰されながらも自由人たちの首脳陣は希望や勇気を与えようとしていた。イルマリオンは馬に乗る戦士たちに対し名誉と犠牲について誇り高く語った。妖精の女王、ドゥヴィエルは弓の名人たちを進め戦線へと送り出した。そして少人界の最高戦士で大将でもあるグリムデイン・スカルクリーヴァーは20もの歩兵隊を見事に指揮した。彼らの旗は堂々と空を舞った。しかし、その5倍もの灰色の旗を島人は数えることができた。この日、彼らは運命を迎えることとなった。」


北の風に直面する

この高地に我々は立つ

空に舞う何千もの旗

辛い争いによって

団結した人々の名誉と共に舞う


森の妖精たちは深緑

少人の主たちは深紅

友抗心を持った人間たちは濃い青色


ブラスホルンが鳴り響き

最後の杯を飲み干す

冷たい決意で満たされ

暗黒の戦線が平原に広がる中で

古代の人々に感謝を表す


目の前に広がる光景を見つめる

何故が見慣れた気がする

俺は何故ここにいるのだろうか?

何故、この審判の場に送られて来たのだろうか?


「馬に乗った自由人の騎士たちは長時間に渡り王の軍隊を側面から攻め、黒い軍隊の人数を大幅に減少させた。過去に海の怪物の大群と相対した時と同じように何百万本もの妖精の矢に援護され小人たちは森の如く立ちはたかる灰色の旗へと入していった。しかし、丸一日の戦いを終えて両軍は数は4文の1に減少し、捻くれた人間たちの軍隊はまさに大敗北を喫するところで王の最後で究極の悪の証が露となった。人間が100年もの間、目にすることのなった光景が地平線に広がっていた。暗黒に満ちた悪の結束の下、海の怪物やゴブリン、下世界の生き物などが一度はかれら破壊した主によって姿を現した。海の怪物主ガルゴスの卑劣な軍歌に導かれ、暗黒の布陣が抹殺の意と共に両軍を包囲した。」


「悲鳴と殺戮の㚖いに養われ、我が海の怪物の行進の前に堕ちるがいい!今、その肉を骨から引き裂いてやる。骸骨の王座、その主が喋った、悪の獣は残された全てを奪い去る。我が子たちよ、今こそ奴らの血を飲むのだ!」


「はぼ全ての希望が消え、完全なる破烕を目の前に島人は兄弟を捜し出し、挑戦する他なかった。堕落した西の王、ウェストマールの厄介者との一騎打ちとなった。」


俺の前に立ちはだかることができると思っているのか?

それは大きな間違いだ!

No!俺は神の怒りで満ちたされている

正義の炎で燃えている!


おまえは熱意に燃えている、でも無知に過ぎない!

死ね!罪の償いをさせてやる、灰色の旗を赤く染めてやる!


鋼と共に全てを取り戻す

夢の中で何を見たか分っている

兄弟のひとりが死を迎えることとなる


愚か者!分からないのか?

おまえは俺よりも先に消える運命だ


目の前にを暗闇が覆う

信じられない

書き記されていた言葉は全て嘘だったのか?

混乱の地平線よ…


何だ?これは何だ?この女は誰だ?

俺に一撃を加えるのは何者だ?

この命を引き換えに

堕ちるがいい!彼は甦った…


我々は自由となった

夢から覚めたのだ

偉大なる行為

彼女は俺のために命を犠牲にした

見るがいい、全てが復活する

土地から、海まで

でも、彼女はいつまでも俺の記憶の中

Japanese lyrics (Translation)Edit

「100年の歳月が過ぎた。人間は人間と相対し、そして狂気の王に命令された大きな軍隊により少人と妖精たちは破滅に直面していた。大きな課題に押し潰されながらも自由人たちの首脳陣は希望や勇気を与えようとしていた。イルマリオンは馬に乗る戦士たちに対し名誉と犠牲について誇り高く語った。妖精の女王、ドゥヴィエルは弓の名人たちを進め戦線へと送り出した。そして少人界の最高戦士で大将でもあるグリムデイン・スカルクリーヴァーは20もの歩兵隊を見事に指揮した。彼らの旗は堂々と空を舞った。しかし、その5倍もの灰色の旗を島人は数えることができた。この日、彼らは運命を迎えることとなった。」


Confront the winds of the north

On highlands we stand up

Thousands of flags dance* through the sky

Due to painful strife

Fluttering together with honor of people united


Forest fairies, dark green

Lords of small people, deep crimson

Friends with resisting hearts, the humans, dark blue color


The Brass Horn sonances

最後の杯を飲み干す

冷たい決意で満たされ

暗黒の戦線が平原に広がる中で

古代の人々に感謝を表す


目の前に広がる光景を見つめる

何故が見慣れた気がする

俺は何故ここにいるのだろうか?

何故、この審判の場に送られて来たのだろうか?


「馬に乗った自由人の騎士たちは長時間に渡り王の軍隊を側面から攻め、黒い軍隊の人数を大幅に減少させた。過去に海の怪物の大群と相対した時と同じように何百万本もの妖精の矢に援護され小人たちは森の如く立ちはたかる灰色の旗へと入していった。しかし、丸一日の戦いを終えて両軍は数は4文の1に減少し、捻くれた人間たちの軍隊はまさに大敗北を喫するところで王の最後で究極の悪の証が露となった。人間が100年もの間、目にすることのなった光景が地平線に広がっていた。暗黒に満ちた悪の結束の下、海の怪物やゴブリン、下世界の生き物などが一度はかれら破壊した主によって姿を現した。海の怪物主ガルゴスの卑劣な軍歌に導かれ、暗黒の布陣が抹殺の意と共に両軍を包囲した。」


「悲鳴と殺戮の㚖いに養われ、我が海の怪物の行進の前に堕ちるがいい!今、その肉を骨から引き裂いてやる。骸骨の王座、その主が喋った、悪の獣は残された全てを奪い去る。我が子たちよ、今こそ奴らの血を飲むのだ!」


「はぼ全ての希望が消え、完全なる破烕を目の前に島人は兄弟を捜し出し、挑戦する他なかった。堕落した西の王、ウェストマールの厄介者との一騎打ちとなった。」


俺の前に立ちはだかることができると思っているのか?

それは大きな間違いだ!

No!俺は神の怒りで満ちたされている

正義の炎で燃えている!


おまえは熱意に燃えている、でも無知に過ぎない!

死ね!罪の償いをさせてやる、灰色の旗を赤く染めてやる!


鋼と共に全てを取り戻す

夢の中で何を見たか分っている

兄弟のひとりが死を迎えることとなる


愚か者!分からないのか?

おまえは俺よりも先に消える運命だ


目の前にを暗闇が覆う

信じられない

書き記されていた言葉は全て嘘だったのか?

混乱の地平線よ…


何だ?これは何だ?この女は誰だ?

俺に一撃を加えるのは何者だ?

この命を引き換えに

堕ちるがいい!彼は甦った…


我々は自由となった

夢から覚めたのだ

偉大なる行為

彼女は俺のために命を犠牲にした

見るがいい、全てが復活する

土地から、海まで

でも、彼女はいつまでも俺の記憶の中


  • (*) 舞う in the sentence's sense means "to pass through the air in a smooth way".

CastEdit

CharactersEdit

StudioEdit